MacでWindows を使う方法は、仮想化とリモートデスクトップの2パターン

MacでWindows を使う方法は、仮想化とリモートデスクトップという、2種類の方法があります。 Macを使うと、Windowsで便利なソフトが使えず、困る場合が少なくなありません。

リモートデスクトップのメリットは

いつでもどこからでもアクセスできるです。

iPhoneなどのスマートフォンからもアクセスできます。

デメリットは

継続課金です。

リモートデスクトップで1番おすすめなのは、お名前.com windowsデスクトップです。
お名前.com windowsデスクトップ の評判 いろいろと調べました

仮想化のメリットは

ちょっと最初に費用がかかるけど、1回払いです。

少なくとも

  • Parallels desktop
  • Windows OS

の2つが必要です。

デメリットは
Macの容量から仮想化のディスクを割り当てます。HDDやSSDを圧迫することです。HDDならあまり問題になりません。SSDの場合、外付けHDDもあわせて用意した方がよいでしょう。

仮想化の方法はこちらの記事などどうでしょうか。Parallels desktopとWindows OSのライセンス関係についてまとまっています。BootCampという方法もありますが、仮想化の方が何かと便利です。

BootCampから仮想環境Parallels desktop 7(8)に移行 ライセンスまとめ

ちなみに情報商材系やFX系の人はお名前.com windowsを、アルファブロガーやノマド族は仮想化環境を利用している人が多いような気がします。ちなみに、僕は後者です。

あなたはどちらを選びますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました