「コピーライティング」 最良の選択 体験レビューと比較

コピーライティングの最良の選択について、Ebookと有名な書籍を比較レビューします。
NO1を決定します。
詳細は下記のとおりです。
良書のNO1

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

木坂健宣さんって誰?
元々、彼は英語の先生だったんで、米国の最先端のノウハウをものすごい量仕入れています。
マーケティング、コピーライティング、英語などを主にやっています。
しかも、教師として説明がめちゃうまく、哲学に興味があるせいか、物事を掘り下げて本質を捉えます。
僕もたくさんすごい人と会ってきましたけど、彼はかなり力がありますね。
素人臭い人が多いネットビジネス界だから余計に目立つかもしれません。 毒舌ですけど^^

あと、彼は作家と相性がいい珍しいタイプのような気がします。
マーケティングの人というと営業マン臭さがあり、クリエイターは好きになれない人もいるかもしれませんが、
それがまるでなく内面に向いているようなところがあるから。めったに表にでてこないようなイメージですし・・・。

名作と言われたザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則より、個人的に3倍以上いいですね。
約5時間の音声講義です。まあ授業代1時間2000円程度でしょうか。

これに勝るコピーライティング用の教材が、世界のどこかにあれば教えてください。
何語であっても構いませんから。必ずそれを上回るものを作り上げてあなたに無料で差し上げます。

と木坂さんが言っていますが、今のところ、この自信はよくわかりますかね。
だいぶ、売場は情報商材特有のあおっているところありますけど^^;
彼は非常に知的に話すので中身はあおっていません。

和佐大輔さんは情熱的な方ですね。あ、ついでなのですが、これ無料なのでもらっておくといいかもしれません。
【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意
和佐さんの無料コンテンツはわりと役立つものもあるんですよ。しかも、マーケティングなどの無料教材もボーナスでつけてくれます。太っ腹ですね。

話を戻しまして、

書籍3400円 vs ネットビジネス大百科10000円
今回はEbookネットビジネス大百科に軍配をあげます。
ネットビジネス大百科の方が、わかりやすく、さりげないところで役立つテクニックが多いので。
ちなみに、情報起業なんかは個人的にまったくやるつもりはまったくありませんが^^
コピーライティングのスキルは盗んでおくとお得です。他のビジネスでも応用効くんで。

ネットビジネスの教材なのですが、コピーライティングのところが個人的に1番参考になります。
だから、コピーライターや将来コピーライターになりたい未経験者広告ライター、
作家さんなどに、むしろいい刺激になるのではないかと。
コピーライターの養成講座なんかよりかなり安いですしね。
電通のコピーライターより説得力あるかもしれません。
新・コピーライター入門とかはいろいろと読んでいて、そちらはそちらで面白いは面白いんですが、
ネットビジネス大百科はまた違う衝撃的な面白さがありました。^^

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

アプローチがかなり違うんですね。

あわせて読みたい記事:ビジネスのマーケティング・集客に役立つ!

「ビジネス・マーケティング」 最良の選択 体験レビューと徹底比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました